読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20170319 サンインシロカネソウ

少し早いかとも思いながら、サンインシロカネソウを見に出掛けました。

 

全国的な晴天予報だったのですが、大津市北部で雨に遭い、心配しながら北に向かいます。現地に着くと、雨は降っておらずホッとしました。ただ、サンインシロカネソウは昨日見つけられなかったトウゴクサバノオと同じく、日照が少ないと開花しないので、花があっても開かないのではと少し心配です。

 

今回は新たなポイントを発見できたらとも思ったのですが、上手く探すことができず、ここ数年見に行っている恒例のポイントへ。林内や斜面にはまだ雪が残っていて、やはり現時点で季節の進みは遅いようです。

 

観察ポイントも雪に埋もれているかもしれないとの不安もありましたが、大丈夫でした。数は多くありませんが固まっている中に、何とか咲いているものがありました。

 


f:id:koma26:20170320212503j:image

 サンインシロカネソウ

上から見ると、別名のソコベニシロカネソウの由来が良くわかります。


f:id:koma26:20170320212520j:image

サンインシロカネソウ

基本的に俯いて咲くので、傾斜のないこのポイントでの撮影は苦労します。何とか撮影して、満足しました。

 

この辺りにはスミレサイシンやホクリクネコノメソウ、ショウジョウバカマ、チャルメルソウ等も あるのですが、咲いていたのはホクリクネコノメソウが一つだけでした。


f:id:koma26:20170320223021j:image

 チャルメルソウの伸び始め


f:id:koma26:20170320223034j:image

 チャルメルソウの若葉

 


f:id:koma26:20170320230121j:image

ホクリクネコノメソウの開花株


f:id:koma26:20170320223048j:image

 ホクリクネコノメソウ開花前


f:id:koma26:20170320223102j:image

緑はもう少し先

 

帰りに今津のザゼンソウ群生地に寄りました。2週間前に来たときに比べて、葉の伸びてきた株が増えていました。昼時だからか見学者はほとんどおらず、気兼ねなく撮影できました。


f:id:koma26:20170320223114j:image

 ザゼンソウ


f:id:koma26:20170320223134j:image

ザゼンソウ群生地

 


f:id:koma26:20170320223124j:image

ザゼンソウまつりののぼり

20170318 鈴鹿山麓

本命はトウゴクサバノオだったのですが、見つけることができず。沢沿いで見ることができたのは、以下の花でした。


f:id:koma26:20170320074540j:image

スズシロソウ

 

沢沿いの日当たりのよい岩壁で咲き始めていました。

 


f:id:koma26:20170320074606j:image

タチツボスミレ

 

同じく、日当たりのよい岩壁にいくつか開花したものがありました。

 


f:id:koma26:20170320074629j:image

ヤマネコノメソウ

 

半日陰の斜面に咲いていました。

 


f:id:koma26:20170320074704j:image

オニシバリ

 

車に戻る林道沿いに見つけました。

 

帰りに、先週に引き続きユキワリイチゲの群落に寄り道しました。午前中の晴天後の曇りという好条件で撮影できました。先週末より開花数は増えています。

 

 
f:id:koma26:20170320075453j:image

 


f:id:koma26:20170320075509j:image


f:id:koma26:20170320075532j:image

 

近くの草むらにも他の花が咲いています。


f:id:koma26:20170320075551j:image

ホトケノザ

 


f:id:koma26:20170320075624j:image

タネツケバナ

 

良く見たら林内にネコノメソウも咲き始めていました。先週末はなかったと思います。


f:id:koma26:20170320075647j:image

ネコノメソウ

 

 

 

20170312 ユキワリイチゲ

予報通りの好天となったので、花粉の嵐の中、ユキワリイチゲを見に行ってきました。

f:id:koma26:20170313060959j:plain

f:id:koma26:20170313061026j:plain

f:id:koma26:20170313061041j:plain

f:id:koma26:20170313061055j:plain

まだまだ蕾も多いものの、それでもここの群落は壮観です。

20170311 寿長生の里

今年も昨年に続き、寿長生の里に梅の花を見に行ってきました。

f:id:koma26:20170312172033j:plain
入口の横断幕

f:id:koma26:20170312172052j:plain
入口付近の紅梅


今回は午前中に現地入りしたところ、昨年は人でごった返していた土産コーナーも、人は疎らです。

ホールに雛人形が並べてありました。

f:id:koma26:20170312171937j:plain


影絵というのでしょうか?


f:id:koma26:20170313055535j:plain



早々に奥の梅園に出ます。

f:id:koma26:20170312165111j:plain
梅園

f:id:koma26:20170312172645j:plain
白梅

奥の梅園は、ベストな状態までもう少しでしょうか。

梅園を歩き回ると、足下には春の花が咲き始めています。

f:id:koma26:20170312165029j:plain
ヒメオドリコソウ


奥の山野草エリアにも行ってみます。


f:id:koma26:20170313055909j:plain
バイカオウレン




f:id:koma26:20170313055940j:plain
キクザキイチゲ



f:id:koma26:20170313060002j:plain
スハマソウ



f:id:koma26:20170313060020j:plain
これもスハマソウ


f:id:koma26:20170313060041j:plain
オニシバリ



f:id:koma26:20170313060104j:plain
セツブンソウ

f:id:koma26:20170313060148j:plain
セリバオウレン


ここで電話がなり、タイムアップとなりました。もう少しゆっくりしたかったですが、また来ようと思います。

20170304 ザゼンソウ

予報が変わって晴れていたので、高島市ザゼンソウを見に行きました。昨年の晩夏に下見に行ったときには、遊歩道にも蜘蛛の巣が張っていて大した花も見つかりませんでしたが、シーズンはどうでしょうか。

 

山に行くときに比べて出発時間が遅かったのですが、琵琶湖大橋経由で比較的スムーズに現地に着きました。さすがシーズン、通常の小さな駐車場はいっぱいで、臨時駐車場に案内されました。

 

ザゼンソウ群生地に着くと、先客が沢山います。湿地には、あちこちにザゼンソウが見えます。

 


f:id:koma26:20170307083659j:image

 

でも、スマホで大きく写せる位置、見映えのする向きの花がなかなかありません。木道から綺麗な株を見つけました。


f:id:koma26:20170307084022j:image

 

離れているので、トリミングしてみます。

 


f:id:koma26:20170307084114j:image

 

このスマホので写した画像の画質は好きではありませんが、そこそこ見られますかね。

 

続いて、この群生地の保護団体が運営しているザゼンソウの里に行き、ザゼンソウの生態の学習。今年は少し前の大雪でザゼンソウの生育が遅れているとのこと。

 

市内で昼食を食べて帰途に就きます。

 

高島市を出る直前、いつも気になりつつ降りて見たことのない白髭神社に急遽寄り道。

 


f:id:koma26:20170307085150j:image

 

交通量の多い国道161号を挟んで、琵琶湖の中に鳥居が建っています。澄んだ静かな湖面と鳥居の先に、沖島が見えます。

 

雲がいい感じです。

 


f:id:koma26:20170307090201j:image

 

左の対岸奥には、雪を被った伊吹山、霊仙山が見えます。

 


f:id:koma26:20170307090248j:image

 

山側にある境内には、梅の花が咲いていました。

 


f:id:koma26:20170307090545j:image

 

 

20170224 サクラソウ

久しぶりの投稿です。

 

今年初めて、サクラソウが咲いているのを目にしました。この時期はほとんど陽が差さないような場所のプランターの中です。普通は4月くらいに咲くものですが、せっかちですね。

 
f:id:koma26:20170225213349j:image

サクラソウ

 

20161103 綿向山

好天予報で綿向山に出掛けました。1110の綿向山の日の一週間前なので、空いているかも?との期待もありました。

 

結局、そんなに多くの人には会いませんでしたが、下山すると駐車場は車でいっぱいでした。

 


f:id:koma26:20161115201310j:image

スズカアザミ?

 


f:id:koma26:20161115201343j:image

綿向山の接触変質岩

 


f:id:koma26:20161115201438j:image

これが接触変質岩?

 


f:id:koma26:20161115201519j:image

キッコウハグマ

 

予想以上に沢山ありましたが、噂以上に開放花の少ないこと。時期が遅いのかもしれませんが。

 


f:id:koma26:20161115201825j:image

キッコウハグマ

 

見つけた中で開放花が複数ついていたのはこれだけ。

 


f:id:koma26:20161115202405j:image

キッコウハグマ

 

花弁の先がくるっと曲がっているのがいいですね。

 


f:id:koma26:20161115202629j:image

大きなブナの木

 

地図にある大ブナか分かりませんが、大きいです。

 


f:id:koma26:20161115202833j:image

 


f:id:koma26:20161115203001j:image

 


f:id:koma26:20161115203234j:image

山頂直下

 

ここを登れば綿向山山頂です。綿向神社の社もありました。

 


f:id:koma26:20161115203856j:image

何というキノコでしょう?

 


f:id:koma26:20161121225259j:image

雨乞岳方面

 

雨乞岳方面の稜線は笹の稜線になっており、

少し歩いてみました。少し右の奥に見えるのは鎌ヶ岳でしょうか?

 


f:id:koma26:20161121225943j:image

 


f:id:koma26:20161121230027j:image

 


f:id:koma26:20161121230115j:image

 


f:id:koma26:20161121230138j:image

 


f:id:koma26:20161121230203j:image

 ナメコ?

 


f:id:koma26:20161123123825j:image

スハマソウ(葉)

 


f:id:koma26:20161123123854j:image

トリカブトの仲間