シロバナネコノメソウ(2019/3/17 三重県)

この週末で日曜の方が天気が良さそうと思ったけど、狙っていた藤原岳は厳しそう、朝熊山も捨てがたいけど遠い… と、例のごとく迷って、そんなに遠くないところにシロバナネコノメソウを見に行こうということになりました。

 

林道から植林の登山道、さらに急斜面をトラバース気味に沢に入っていきます。沢に沿ってテクテク登っていき、怪しそうな岩を見つけて近づくと、シロバナネコノメソウが咲いていました。


f:id:koma26:20190318191821j:image

まだ新鮮で、赤い葯が綺麗です。


f:id:koma26:20190318191851j:image

越冬葉がずいぶん黒いですが、その分花周辺の黄色が目立ちます。こちらも葯の赤いニッコウネコノメ。


f:id:koma26:20190318191906j:image

ヤマネコノメは、どこにでもあります。

 


f:id:koma26:20190318191931j:image

こちらはタネツケバナの仲間です。もう少しじっくり見たかったのですが、天気も下り坂のため、先に進みます。


f:id:koma26:20190318191952j:image

フクジュソウも咲いていました。シコクフクジュソウです。


f:id:koma26:20190318192003j:image

日照が少なく、開ききった花は無さそうでした。残念。

 

スマホに小さな滴が付いて、ふと我に返りました。見回すと白いものが… 雪が降ってきました。


f:id:koma26:20190318192033j:image

降ってきた雪に追われるように下っていくと、雪も落ち着いてきたような… ということで、もう少しシロバナネコノメソウをチェックします。


f:id:koma26:20190318192044j:image

 


f:id:koma26:20190318192054j:image

拡大してみました。


f:id:koma26:20190318192106j:image

帰路で、今まで足下ばかり見ていて気づきませんでした。樒(しきみ)です。

 

この後、小雨から徐々に強くなり、次に行こうとしたポイントは諦めました。本降りになる前に車に戻れてホッとしました。

ユキワリイチゲ(2019/3/16 滋賀県)

大気が不安定のようで山は諦めていたのですが、ちょっと晴れ間もあるかもしれないと、ユキワリイチゲを見に行きました。

 

現地に着くと、雨は降っていないものの厚い雲に覆われた状態で、開花は厳しいと思われました。都合により滞在できるのは小一時間で、結局ほとんど日が差すことはなく、少し待って半開きの花を撮影しました。

 


f:id:koma26:20190317223442j:image

 


f:id:koma26:20190317223453j:image

 

また来年、満開で撮せることを期待したいと思います。

ハルザキエチゼンカンアオイ、サンインカンアオイ(2019/3/9 近畿北部)

今年は雪が少なく、春の花の咲く時期が早いようです。フクジュソウ、セツブンソウ、ミスミソウユキワリイチゲ… 見たい花は沢山ありますが、家庭の都合や天気により、チャンスは週に一回程度。

 

今シーズンはカンアオイシリーズをいくつか探していたけどどうしようか… 9日の天気はどこも良さそうです。悩んだ結果、近畿北部にあるという、ハルザキエチゼンカンアオイを見ることができたらと、車を走らせました。

 

探索する山域に到着。花粉は結構沢山飛んでいるはずですが、不思議と大きな影響はありません。カンアオイの葉を探しながら山を歩くと、いくつも見つけることができました。

 


f:id:koma26:20190312224812j:image

葉を見つけました。


f:id:koma26:20190312224829j:image

葉の裏面。


f:id:koma26:20190312224845j:image

花を見つけました。


f:id:koma26:20190312224904j:image

横から。


f:id:koma26:20190312225130j:image

花のアップ。


f:id:koma26:20190312225203j:image

崩れた花もありましたが、花ごと落ちて形が残っているものもありました。


f:id:koma26:20190312225224j:image

俯いた花で数えるのは至難の技ですが、この落ちていた花の縦隆起線を数えてみると、9本でした。横隆起線は4本。

 

ほとんどの花が、落ち葉に埋もれていました。花があるかチェックしながら進みます。

 


f:id:koma26:20190313063533j:image

 


f:id:koma26:20190312225435j:image

 


f:id:koma26:20190312225452j:image

 


f:id:koma26:20190312225536j:image

 


f:id:koma26:20190312225644j:image

蕾がありました。この山域で見たカンアオイの花は、時間が経って固くなった花など花の鮮度もいろいろで、開花時期はかなり長そうです。


f:id:koma26:20190312225705j:image

ほとんどが無地でしたが、斑入りの葉もありました。葉のイメージが他と異なるようにも見えますが、別のカンアオイかも?残念ながら、花は付いていませんでした。


f:id:koma26:20190312225725j:image

 


f:id:koma26:20190312225742j:image

 


f:id:koma26:20190312225805j:image

 


f:id:koma26:20190312225834j:image

場所は変わって、別の山域に来ました。ここから花粉症の症状が発症。

 

こちらの花ははサンインカンアオイと聞いていますが、そもそもネット上の情報では、サンインカンアオイとエチゼンカンアオイ、ハルザキエチゼンカンアオイは同じものだという説もあるようです。


f:id:koma26:20190312230205j:image

綺麗な?2つの花をつけた個体。


f:id:koma26:20190312230219j:image

 


f:id:koma26:20190312225915j:image

 


f:id:koma26:20190312225929j:image

 


f:id:koma26:20190312225949j:image

さらに移動した別の場所で、カンアオイ系の葉を見つけて確認すると、こちらはミヤコアオイでした。

 

ここからは、この日にカンアオイの他に見ることができた花です。

 


f:id:koma26:20190312230036j:image

葉の形状からも、ニホンカイタチツボスミレかと思います。


f:id:koma26:20190312230050j:image

アオイスミレ


f:id:koma26:20190312230109j:image

キタヤマオウレン


f:id:koma26:20190312230119j:image

 


f:id:koma26:20190312230141j:image

 


f:id:koma26:20190312230239j:image

 


f:id:koma26:20190312230251j:image

癒されます。


f:id:koma26:20190312230301j:image

 


f:id:koma26:20190312230312j:image

 


f:id:koma26:20190312230324j:image

 


f:id:koma26:20190312230338j:image

ショウジョウバカマ


f:id:koma26:20190312230349j:image

サンインシロカネソウ


f:id:koma26:20190312230359j:image

 


f:id:koma26:20190312230412j:image

ヤマネコノメ

 

 

この日は帰路でいくつもの交通渋滞に遭い、花粉症の症状も出て大変でした。

チタカンアオイ(2019/2/24 東海地方)

今日は、チタカンアオイを探しに出かけてきました。

 

駐車スペースに車を停めていざ探索!と探索エリアに歩いて向かったのですが… なんと、これでは探索ができない… という状況に。ですが、逆にそのおかげでチタカンアオイを見つけることができました!

 

今シーズンはまだ花粉症の症状が出ていませんでしたが、今日ついに出てしまい、鼻をかみながらの撮影になってしまいました。

 

例のごとく、見つけた地域と外見で判断していますので、違っている可能性もあります。

 

乾き気味の広葉樹林、緩やかな斜面で落ち葉に埋もれるようにして咲いています。


f:id:koma26:20190226194131j:image

 


f:id:koma26:20190226194147j:image

先日見たクチスボカンアオイ(たぶん)とは、花の大きさからして全く異なります。チタカンアオイの方は倍近くあります。


f:id:koma26:20190226194206j:image

花の横から。萼筒が軽く括れています。


f:id:koma26:20190226194250j:image

斑の入った葉です。


f:id:koma26:20190226194308j:image

 


f:id:koma26:20190226194334j:image

 


f:id:koma26:20190226194419j:image

見た中で一番の大株。花を数えると、なんと10個です!


f:id:koma26:20190226194445j:image

葉の基部以外にも凹みのある葉。


f:id:koma26:20190226194351j:image

 


f:id:koma26:20190226194522j:image

 


f:id:koma26:20190226194544j:image

大きなレンズのカメラを持った人が通りがかりましたが、花が目的ではないようで、通りすぎて行きました。

 


f:id:koma26:20190226194600j:image

まさかこの時期に、ヤブコウジ

 

無事にチタカンアオイ(たぶん)を見つけることができ、遠征してきた甲斐がありました。

クチスボカンアオイ?(2019/2/10 東海地方)

クチスボカンアオイとも言われるヒメカンアオイを探しに行ってきました。

 

天気が心配でしたが、幸いにも好天に恵まれました。決めたエリアの中で道路脇に車を停めてはいくつかのポイントを探索しましたが、アツミカンアオイの子供の葉を少し見つけたくらいで、他には見つかりません。数えると7ヶ所めポイントにて、ようやくそれらしきもの見つけることができました。

 

見つかったポイントには株はいくつもありましたが、葉が全て4センチ×3センチ程度の小さいものでした。こんな葉では花も付きそうにないなと思いながらも、葉の根元をよく見ると、花が咲いていました。おそらくは、これがクチスボカンアオイなのではないでしょうか。

 


f:id:koma26:20190211133156j:image

 

上の画像で一番大きく写っている葉も、縦4センチ未満、花の直径は1センチちょっとでした。


f:id:koma26:20190211133410j:image

 

花を横から見てみました。萼筒はつり鐘型で、先がわずかに括れています。

 

それならと、他の葉の下もよく見てみると、花のついた株がいくつも見つかりました。それにしても、過去に見たヒメカンアオイ系の中で一番小さい気がします。


f:id:koma26:20190211134058j:image

 


f:id:koma26:20190211134114j:image

 


f:id:koma26:20190211134140j:image

 


f:id:koma26:20190211134303j:image

 


f:id:koma26:20190211134327j:image

 


f:id:koma26:20190211134501j:image

 

大きな葉が見つからないのは、もともと葉が小さいのが特徴なのか、それとも大きな葉は食害で食べられてしまったのか… いずれにしても、目当ての花を見つけることができ(確実に同定できたわけではありませんが)、気を良くしてその場を立ち去りました。

 

去り際に、綺麗な亀甲模様の葉を見つけました。こちらは縦横4センチくらい、残念ながら花はついていませんでしたが、模様は珍しかったので載せておきます。


f:id:koma26:20190211134755j:image

 

 

 

カンアオイを見つけた近くに、こちらも見つけました。小さな葉が他にいくつか見つかったので、また花は時期に見に来れたらと思います。

 


f:id:koma26:20190211134613j:image

 

 

東山(2019/1/中旬 京都府)

この時期は出るのが億劫になりがちですが、高気圧に覆われ好天が予想されることもあり、京都の東山を歩いてきました。

 


f:id:koma26:20190124200747j:image

山に入る前、民家の敷地に面白い花が咲いていました。これは何だろう?花茎が土から生えています。

 


f:id:koma26:20190124200812j:image

フユイチゴ系の実が成っていました。フユイチゴ、コバノフユイチゴのどちらでしょう?

 

 


f:id:koma26:20190124200826j:image

最初は雲が多く残念がりましたが、気付くと青空の方が多くなっていました。京都の街と、西山。


f:id:koma26:20190124200838j:image

JR京都駅付近をズーム。京都タワーが分かりやすい。


f:id:koma26:20190124200907j:image

お、こんなところに。夏の楽しみができました。

 


f:id:koma26:20190124200928j:image

予告なく現れた、鳥居のトンネル。そう、ここはあの有名な神社です。


f:id:koma26:20190124200943j:image

小さな駅ですが、ホームには沢山の人が電車を待っていました。


f:id:koma26:20190124200959j:image

瀬田川を渡ってみました。瀬田川を渡る琵琶湖線、そのうしろには比叡山比良山地。絵になる風景です。


f:id:koma26:20190124201014j:image

琵琶湖岸をテクテク歩き、比良の山を眺めます。びわ湖バレイのスキー場にはどのくらいの雪が積もっているのでしょうか。

 

花の季節まで、もうしばらく我慢です。

 

浅間嶺(2019/1/上旬 東京都)

冬の関東の低山ハイクでは、途中で雪を被った富士山が見えると清々しい気持ちになります。今年は、年明けのハイクで、檜原村にある浅間嶺を歩いてきました。

 


f:id:koma26:20190121074353j:image

朝早く出て乗り換えた拝島駅。進入防止柵にもいくつか種類があるようで、このタイプは初めて見ました。

 


f:id:koma26:20190121074406j:image

浅間嶺の展望台からみた南側の山並み。手前の笹尾根の向こうに、真っ白い富士山。左奥は丹沢山塊。良い天気に恵まれて嬉しい。



f:id:koma26:20190121074417j:image

富士山のアップ。次回は笹尾根も期待できるかな。

 


f:id:koma26:20190121074431j:image

北側の山並み。左に御前山、右奥に大岳山。ほとんど風もなく人も僅か。登って良かった。

 

上川乗から浅間嶺に登り、浅間尾根を御林山まで、そこから少し戻って数馬の湯に向かって下りました。途中の岩にあるという猿の手形は、少し探したもののよく分からず。

 

数馬の湯では、山の上で見た景色を思い返しながら汗を流しました。今年はどこの山に行こうかな。