オニルリソウ(2019/6 滋賀県)

この日に山を歩いた目的の花には残念ながら会えませんでしたが、思いがけずオニルリソウに会うことができました。

ちょっと入った林道沿いに、オニルリソウが咲いていました。
f:id:koma26:20190708074214j:image

 

他のルリソウ属の花と似ていますが、花が小さく、長く伸びる花茎に一定間隔を空けながら花がつきます。
f:id:koma26:20190708074229j:image

 

一列に実が成っています。これは、いわゆるひっつき虫だそうです。面白い形ですね。
f:id:koma26:20190708074242j:image

 

トリミングして茎を見ると… 長い毛が生えています。オニルリソウは長い毛があり、開出毛だそうです。どちらかというと寝ている毛が多いようにも見えますが、毛が長いのでオニルリソウでしょう。オオルリソウの毛はもっと短いです。
f:id:koma26:20190709213953j:image

 

全体を写しましたが、花茎の先にだけ花がついていて、絵にならない…

花茎の先にだけ花を付けている姿しか見たことがないのですが、一つずつ咲いていくということでしょうかね。
f:id:koma26:20190708074253j:image

 

青が濃い花。直径数ミリというのが普通のようですが、この花は大きく、1センチ弱ありました。
f:id:koma26:20190708074313j:image

 

この近くで見た、他の花です。

 

ツルアリドオシ

普通は4枚の花弁ですが、5枚あります。
f:id:koma26:20190708074338j:image

 

ギンレイカ

これも何年か振りに見ました。
f:id:koma26:20190708074354j:image

 

タツナミソウの仲間ですが、同定できていません。茎の毛は下向きに生えていますが…
f:id:koma26:20190708074407j:image

 


f:id:koma26:20190708074416j:image

 


f:id:koma26:20190708074514j:image

 

クルマムグラ
f:id:koma26:20190708074459j:image

 

ヒロハフウリンホオズキ
f:id:koma26:20190708074531j:image

 

ホタルブクロ
f:id:koma26:20190708074542j:image

 

ヤブレガサ
f:id:koma26:20190708074557j:image

 

蕾が付いている株がありました。この時期に蕾があるのなら、ヤブレガサですかね。
f:id:koma26:20190708074608j:image

 

 

ホソバシロスミレ(2019/6 滋賀県)

ホソバシロスミレに会いに行ってきました。

 

生憎の天気でしたが、山の上の草地を探し回ると、何とかいくつかの個体を見つけることができました。

 

1つめの個体。片方の花は何とか残っています。
f:id:koma26:20190711193429j:image

 

お、ここにも。2つめ。よく見ると、葉の先が切れて無くなっています。誰の仕業?
f:id:koma26:20190711223223j:image

 

正面からの撮影が難しい…
f:id:koma26:20190711193457j:image

 

3つめの個体も、小さくてほとんど閉じていて撮影困難でした。

 

もう無いかと諦めて下る途中で、それまでの3つよりきれいな個体に遭遇。葉も完全な状態で付いています。これで満足できました。
f:id:koma26:20190711193508j:image

 

このエリアで、不思議なスミレを見つけました。葉はホソバシロスミレに近い感じですが、丈は高く、花弁は紫色が強いです。ホソバシロスミレとスミレの交雑種である、ホソバキリガミネスミレでしょうか。でもネットで検索して出てくるホソバキリガミネスミレとは違うような。


f:id:koma26:20190711193518j:image

 

 

マルバノフユイチゴ(2019/6 福井県)

過去の画像を見返していたら、当時は名前を調べないまま放置していた、磐梯山で見た花がありました。改めて少し調べると、名前がコバノフユイチゴだと分かりました。これを関西で見てみたいと思い調べると、過去に何度か登ったことのある山にあるらしいことが分かったので、時期を考えて行ってみることにしました。

 

無事に群生地を発見、最初は全ての花が閉じていましたが、しばらく周辺を歩いてから戻ってくると、いくつかの花が開いていました。

 

マルバノフユイチゴ(コバノフユイチゴ
f:id:koma26:20190704143831j:image

 


f:id:koma26:20190704143850j:image

 


f:id:koma26:20190704143908j:image

 


f:id:koma26:20190704143919j:image

 


f:id:koma26:20190704143929j:image

 


f:id:koma26:20190704143941j:image

 




f:id:koma26:20190704144334j:image


昨年は仲間のミヤマフユイチゴを何度も見ましたが、今年はマルバノフユイチゴを見ることができました。

 

 

モロコシソウ(2018/6 三重県)

以前にネットで知ったモロコシソウというサクラソウ科の花があり、ちょうど今頃ではと思い探しに行ってきました。

 

全体的に花の種類は少なかったのですが、モロコシソウのこの鮮やかな黄色が薄暗い林内を彩っていました。

 

主に暗いところで、かつ下向きに咲くので、撮影のしにくい花です。基本的に低い位置から見上げるアングルで撮りました。
f:id:koma26:20190706181324j:image

 


f:id:koma26:20190706181339j:image

 


f:id:koma26:20190706181357j:image

 


f:id:koma26:20190706181411j:image

 

上から撮影すると、星を散りばめたようです。
f:id:koma26:20190706181427j:image

 


f:id:koma26:20190706181452j:image

 

ソハヤキ要素系というわけではなく、南国の海岸近くに咲く花のようです。

 

環境省RDBでは、特に絶滅危惧種指定はありませんでした。都道府県別では、東京都で絶滅危惧Ⅱ類に分類されていますが、東京の海岸付近に咲いている場所があるのかな…?

ヤマシャクヤク(2019/5 奈良県)

去年はヤマシャクヤクの群生を見ていないので、今年は見たくなり、他の花の探索と併せて見に行きました。ヤマシャクヤクの花は、咲き始めて2~3日で落ちてしまうようですので、うまく見られるかどうか不安もありますが、果たして…。

 

当日は、ヤマシャクヤクの場所にたどり着く前の行程で少し疲れ始めていましたが、咲いている花を見るとそれも忘れてしまいました。

 

しばしヤマシャクヤクと戯れ、楽しいひとときを過ごしました。来て良かった~

 

f:id:koma26:20190702073958j:image

 


f:id:koma26:20190702074009j:image

 


f:id:koma26:20190702074019j:image

 


f:id:koma26:20190702074030j:image

 


f:id:koma26:20190702074041j:image

 


f:id:koma26:20190702074051j:image

 


f:id:koma26:20190702074103j:image

 


f:id:koma26:20190702074113j:image

 


f:id:koma26:20190702074121j:image

 

蕾はほとんどなく、中盤から後半といった感じです。

 

少し時期を空けると、今度は(ここではありませんが)ベニバナヤマシャクヤクの時期が来ます。まだ見たことはないので、次はそちらを見てみたいですね。。

ゼニバサイシン?(2019/6/1 愛知県)

エンシュウムヨウランの後に訪れた場所で、カンアオイの仲間を見つけました。

 

最初に気づいた株には花がついていないようでしたが、結局、多くの株に花がついていることが分かりました。

 

葉の形状が丸に近くて小さく、花も小さいです。これは、ゼニバサイシンではないでしょうか。だとすれば、花を見るのは初めてです。また、花は咲いてからしばらく経っている感じです。

 

葉の下に小さな花が見えています。
f:id:koma26:20190628190648j:image

 

ヒメカンアオイよりもさらに丸に近い葉です。光沢があります。
f:id:koma26:20190628190701j:image

 


f:id:koma26:20190628190712j:image

 

萼片の直径は14ミリ程度。
f:id:koma26:20190628190721j:image

 

葉の長さは5センチ程度(バラツキあり)。
f:id:koma26:20190628190736j:image

 

萼筒の長さは7ミリ程度。
f:id:koma26:20190628190746j:image

 

花の開口部は概して大きく開いていました。
f:id:koma26:20190628190754j:image

 

花が新鮮な時期にまた見に来たいですね。
f:id:koma26:20190628190805j:image

 

 

おまけ。駐車場との間の道沿いには、ユキノシタが綺麗に咲いていました。


f:id:koma26:20190628190815j:image

エンシュウムヨウラン(2019/6/1 愛知県)

もともと別の花を探しに来ましたが空振り、山を歩いていてふと目に入ってきたのがエンシュウムヨウランでした。

 

思わぬ幸運に興奮しましたが、綺麗に開花した花は見つけることができなかったのは残念でした。ただ、数としては結構な数のエンシュウムヨウランの個体を目にすることができました。一つくらい開花していてくれてもいいのですが。

 


f:id:koma26:20190628195150j:image

 


f:id:koma26:20190628195205j:image

 


f:id:koma26:20190628195220j:image

 


f:id:koma26:20190628195230j:image

 


f:id:koma26:20190628195242j:image

 

目的の花は見つけられませんでしたが、エンシュウムヨウランを沢山見て楽しむことができました。またここのエンシュウムヨウランを見に来たいと思います。