ヒメアギスミレ(2021/4)

なかなかきれいな時期に見ることができていませんでしたが、今年は良い時期だったかな?

 

ヒメアギスミレは、湿地や湿潤な場所に生育する、ニョイスミレの変種です。葉の形がブーメラン?のように伸びる点でアギスミレと似ていますが、葉の大きさが2cm以下で小さいです。愛知県以西に自生するとのこと。

 

 

ヒメアギスミレ

小さな流れの直ぐ横にありました。足下が完全に濡れているため、膝をつくことは困難です。
f:id:koma26:20210512202149j:image

 


f:id:koma26:20210512202235j:image

 


f:id:koma26:20210512202338j:image

 

距は短いです。
f:id:koma26:20210512202415j:image

 

葉が、ブーメラン型というよりはC型ですかね。

f:id:koma26:20210512204412j:image

流れから少し離れた場所にも見つけました。

f:id:koma26:20210512202546j:image

 

湿地の春(2021/4)

例年だと湿地の植物観察は5月末以降なのですが、今回は少し早い時期の訪問です。

 

開けた場所に、ハルリンドウが日差しを浴びて多数開花していました。

 

ハルリンドウ
f:id:koma26:20210506130053j:image

 


f:id:koma26:20210506130302j:image

 

フデリンドウも春に咲きますが、ハルリンドウには根生葉があります。また、フデリンドウは一本の茎から複数の花が付く感じですが、ハルリンドウは根生葉のところから分岐して茎を伸ばし、それぞれの茎に一つずつ花を付けるように見えます。
f:id:koma26:20210506130436j:image

 

ヒメハギ
f:id:koma26:20210506130557j:image

 

色の濃いハルリンドウ
f:id:koma26:20210506182229j:image

 

ここでしばらく登りや藪のアルバイトを経て… 再度湿地に。

 

シハイスミレ
f:id:koma26:20210506182305j:image

 

赤紫のハルリンドウ!並ぶと違いが分かりますね。
f:id:koma26:20210506182602j:image

 

そして!今日の主役!

 

ヘビノボラズ
f:id:koma26:20210506182753j:image

 


f:id:koma26:20210506183035j:image

 

ヘビノボラズと言いますが、この葉の模様が蛇っぽく見えてしまうのは私だけ?
f:id:koma26:20210506183310j:image

 

ずっと前に早池峰でヒロハヘビノボラズを初めて見て、ヘビノボラズというのがあるなら見てみたいと思いました。ようやく出会うことができました。

 

名前に似合わず、黄色い花は可愛い印象です。名前は、茎に鋭い棘があり蛇でも登ることが出来ないほどというところから来ているそうです。
f:id:koma26:20210506183406j:image

 

花を拡大。

f:id:koma26:20210511220359j:image

 

参考までに、去年撮影したメギの花です。同じ属なので、似ています。

f:id:koma26:20210511220631j:image

 

ヘビノボラズは、東海要素植物群の一つとされているようです。
f:id:koma26:20210506183530j:image

 

観察し終えて車に戻るとき、予想外にスミレとカナビキソウが咲いていました。

 

スミレ
f:id:koma26:20210506183610j:image

 

カナビキソウ
f:id:koma26:20210506183702j:image

 

咲いていた花の種類は少なかったですが、ハルリンドウだけは大量に見ることができました。

 

 

カラスシキミ(2021/4)

花がコショウノキに似ていますね。こちらはその仲間、カラスシキミです。

 

カラスシキミ

昨シーズンは花が落ちた後に出会いましたが、今回は花を付けている姿を見ることができました。

f:id:koma26:20210505123930j:image

 

名前にシキミと付いていますが、シキミはマツブサ科、ミヤマシキミはミカン科とのことですので、名前から想像してしまうような仲間ではありません。姿から推測できる通り、コショウノキと同じくジンチョウゲ科です。

 

命名でカラスの付いた由来には諸説ありそうですが、そのうちの一つは、葉や実がミヤマシキミに似ているが「本物ではない」ことによるというものです。コショウノキよりも花が少し小さく、葉も細めで反り返っています。


f:id:koma26:20210505130432j:image

 

別の花を撮影していて、横の沢の少し下りた斜面上に偶然見つけました。分布は北海道と本州の伯耆大山以東の日本海側とのことで、観察した場所も当てはまります。

 

 

参考までに、コショウノキはこちらです。


f:id:koma26:20210505130240j:image


f:id:koma26:20210505130310j:image

 

エビネ(2021/5)

この山で(自分自身にとって)新しいエビネのポイントを見つけることができました。その直前に出会って少し話したおばさまに触発されて探したところ見つかったものですが、おばさまは既にその付近から立ち去ってしまった後で、教えることができなかったのが残念です。

 

こちらはおばさまに出会う前に見つけた蕾。

(考えたら、このポイントも新しいポイントだった…)
f:id:koma26:20210505194214j:image

 

そして、おばさまに出会った後に見つけたエビネです。

 

エビネ@ポイント①

f:id:koma26:20210505194546j:image

 


f:id:koma26:20210505194903j:image

 


f:id:koma26:20210505194934j:image

 

二つ目のポイント

 

エビネ@ポイント②
f:id:koma26:20210505195055j:image

 

ここには、まだ蕾の一団もありました。
f:id:koma26:20210505195436j:image

 


f:id:koma26:20210505195716j:image

 


f:id:koma26:20210505195754j:image

 

エビネ@ポイント③

f:id:koma26:20210505195852j:image

 


f:id:koma26:20210505195916j:image

 

まだエビネの開花は少し先と思っていてノーマークでしたが、嬉しいサプライズとなりました。今回は他にも嬉しい発見があり、かなり満足度の高い山歩きになりました。

ナツトウダイ(2021/4)

林道沿いにナツトウダイが咲いていました。何度か歩いている場所ですが、今まで知りませんでした。

 

ナツトウダイ

ナツトウダイという名前ですが、春に咲きます。ナツというのは花の咲く時期のことを示している訳ではないのでしょうか。
f:id:koma26:20210503204800j:image

 

ノウルシの仲間は杯状花序です。輪生する5枚の葉の葉腋から5本の花柄が出て、そのそれぞれの先に3枚の総苞と花が付いています。総苞からは更に花柄が伸びて小苞と花が付くようですが、この個体では小苞が伸びる前の状態のようです。


f:id:koma26:20210503204919j:image

 

近付いていくと、先日のマルミノウルシとは形が違いますが、何れにしても変わった形の花です。


f:id:koma26:20210503205002j:image

 

花の拡大。クワガタのアゴが集まったような特徴的な形をしている部分は腺体と言います。腺体の真ん中に雄しべと雌しべがありますが、花弁は無いということですかね。不思議な構造ですね。


f:id:koma26:20210505081445j:image

キバナサバノオ(2021/4)

晴れた休日、キバナサバノオの自生地を訪れました。前回訪れてから3年は経っているでしょうか。細かな地形は覚えていませんが、幾つもの花が渓流に沿って咲いていました。

 

キバナサバノオ

色合いはトウゴクサバノオに似た感じですが、花の径が倍くらいあり、葉は花と比べてもずっと大きいです。
f:id:koma26:20210502175658j:image

 

参考までに、こちらがトウゴクサバノオです。(露出が異なるので同じ色に見えず、また、近くに寄っているためこちらの方が大きく写っています)

f:id:koma26:20210502181559j:image

 

飛沫がかかるほど流れの近くではありませんが、増水したら水がかかりそうな湿った場所です。

f:id:koma26:20210502175810j:image

 

谷に陽が差し込んで、輝きます。オレンジ色のが花弁、薄い黄色のは萼片です。
f:id:koma26:20210502175851j:image

 


f:id:koma26:20210502180044j:image

 

日光を浴びると花が開き、更には上を向いてくるようです。
f:id:koma26:20210502180159j:image

 

傾斜の中に点々と咲いていました。
f:id:koma26:20210502180331j:image

 


複数の花を付けている個体も、幾つもありました。
f:id:koma26:20210502180527j:image

 

この花は上を向きましたね。
f:id:koma26:20210502184807j:image

 

意外と疲れましたが、久々のキバナサバノオを楽しみました。

 

 

 

 

イワネコノメソウ(2021/4)

今シーズンは、久しぶりにイワネコノメソウも観察できました。

 

イワネコノメソウ

黄色い苞葉が無く、緑に赤の色彩が目立たない地味なネコノメソウです。
f:id:koma26:20210501162645j:image

 

ネコノメソウの中ではチシマネコノメソウが比較的似ていると思いますが、チシマネコノメソウは日本海側、イワネコノメソウは太平洋側に分布するので、隔離分布や微妙な内陸部を除けば、場所である程度は分かりますね。

 

数は多かったのですが葯が綺麗に残っている個体は少なく、全体的にもう少し早い時期が良かったと思われます。
f:id:koma26:20210501162725j:image