マヤラン(2021/7)

マヤランは比較的身近で目にすることのできる野生ランのようですが、まだ見たことがありませんでした。今回、予定外に帰省することがあり、立ち寄れる場所に開花情報を見つけたので、ここぞとばかりに見に行ってきました。

 

少し薄暗い樹林下に咲いていました。
f:id:koma26:20210727210558j:image

 

結構自由奔放な咲き方をしていますね。花の向きに合わせて撮影。
f:id:koma26:20210727210720j:image

 


f:id:koma26:20210727212521j:image

 

相変わらず、後になって「こう撮れば良かったんじゃないか」とか思うことが多いですが、精進するしかないですね。

タツナミソウ(2021/6)

5月から6月にかけて、山でタツナミソウの仲間をよく見かけます。オカタツナミソウ、シソバタツナミソウ、デワノタツナミソウ、… など、○○タツナミソウというのがいろいろありますが、今回のは○○の付かない単なるタツナミソウです。

 

タツナミソウ

他のタツナミソウの仲間と比べると、紫が濃く唇弁の斑点もくっきりしています。
f:id:koma26:20210704170224j:image

 

タツナミソウの仲間は、多くはこの茎の毛の生え方で判別します。タツナミソウは… 

すみません、自分で判別できるほど分かっていないです。
f:id:koma26:20210704170250j:image

 

そう数は多くないですが、点々と咲いているのを観察したり撮影したりしました。
f:id:koma26:20210704170313j:image

 

もともと花の種類の豊富な伊吹山ですが、雨さえ当たらなければ、この時期もやはり花が多く楽しいですね。

 

 

アシタカカンアオイ(2021/7)

久しぶりのカンアオイです。

 

今回の目的はアシタカカンアオイ、限られた時間で見つかるだろうかと思いながらスタートしましたが、期待通り見つけることができました。

 

カンアオイの仲間は地域毎による変異が多数ありますが、開花時期は冬が中心で、アシタカカンアオイのように真夏に開花する種類は少ないように思います。今回、想定外の7月に探索の機会が訪れました。

 

アシタカカンアオイ

最初に見つけた株が、今日見た中では一番立派でした。開花した花が4つ付いていて(葉の陰に1つ)、葉も綺麗な下り藤模様?です。
f:id:koma26:20210712154956j:image

 


f:id:koma26:20210712155045j:image

 

萼片が短いのが典型的な特徴です。カンアオイと言えば赤黒い花が多いですが、今回見たアシタカカンアオイは、どれも薄い黄色(色の表現が)のような個体ばかりで、これも特徴の一つなのかもしれません。
f:id:koma26:20210712155120j:image

 

こちらは蕾です。アシタカカンアオイは花期が6~7月となっていますが、まだ蕾も多く、咲く直前のものからまだまだこれからといったもの(蕾は付いている)までありました。
f:id:koma26:20210712155845j:image

 

こちらは萼片が少し長く先も尖っています。
f:id:koma26:20210714065356j:image

 

ここにも。沢山の葉の中に花が咲いています。
f:id:koma26:20210714065447j:image

 

こちらの花は萼片が短いですね。
f:id:koma26:20210714065521j:image

 

さらに見つけました。
f:id:koma26:20210715063942j:image

 


f:id:koma26:20210715070918j:image

 

終わってみたらそれなりに沢山の開花株が見つかり、スッキリした気分で次の予定に向かうことができました。

イブキシモツケ(2021/6)

今年はイブキシモツケも咲き始めで綺麗な花を見ることができました。以前は梅雨の時期は

 

イブキシモツケ

登りの時に、ちょっとだけ花が咲いているのを見つけました。このとき、ラッキーと思ったのですが。
f:id:koma26:20210710133510j:image

 

下りの時には、結構しっかり咲いているのを見つけました。多数の花が丸く密に纏まって、それがいくつも。
f:id:koma26:20210710133539j:image

 

登りの時には見つけられなかったけど、見つけられてラッキー!
f:id:koma26:20210710133642j:image

 

伊吹山で最初に見つかったのでイブキと付いていますが伊吹山の固有種ではなく、近畿以西の主に石灰岩、超塩基性岩の土壌に自生しているようです。

 

シタキソウ(2021/6)

今年はシタキソウを見ることができました。

 

シタキソウ(別名:オキナワシタキヅル)

見た目も爽やかな感じですが、顔を近づけるといい香りがしました。
f:id:koma26:20210708225916j:image

 


シタキソウのあるエリアは、今回歩いた中でも特定の範囲に限定されていました。どこにでもあるわけではなさそうです。
f:id:koma26:20210708230022j:image

 

今まで見たガガイモの仲間の中でダントツの大きさです。事前に大きさの情報をちゃんと確認していなかったのですが、こんなに大きいとは思いませんでした。
f:id:koma26:20210708230114j:image

 

花の奥の方も見たいと思いましたが、見えませんでした。花弁の基部には毛が生えていますね。
f:id:koma26:20210709105304j:image

 

 

ナガエコナスビ(2021/5)

5月にコナスビと思って撮影した花が、どうやらナガエコナスビだったようです。

 

ナガエコナスビ

コナスビと比べて花は少し大きく、花柄が6~18mmと長いのが特徴です。
f:id:koma26:20210710130035j:image

 

生育環境としては、より山の中で、より湿った場所を好むようです。
f:id:koma26:20210710130100j:image

 

コナスビは最近の山ではよく見かけるのであまり撮影していませんでしたが、やはり何か気になったら撮影しておくべきと思いました。

 

紀伊半島にはミヤマコナスビというのがあるようで、そのうち見てみたいと思います。

イブキハタザオ(2021/6)

イブキハタザオはアブラナ科のハクサンハタザオの変種で、伊吹山だけに分布するようです。

 

ハクサンハタザオ

比較的低い標高から出現します。これはハクサンハタザオで、こちらは茎に毛がありません。
f:id:koma26:20210630074727j:image

 

イブキハタザオ

途中から、ハクサンハタザオでもなくヤマハタザオでもないハタザオ系が出てきました。こちらがイブキハタザオで、茎と葉に毛が生えていて少し白っぽく見えます。
f:id:koma26:20210629224019j:image

 

これなんか、かなり毛深いです。
f:id:koma26:20210629224423j:image

 

ちょうどよい時期か、いくつもいくつも出てきます。
f:id:koma26:20210629224503j:image

 

葉の部分を
f:id:koma26:20210702201857j:image

 

拡大すると、生えているのは単純な毛ではないことが分かります。これは星状毛というらしいです。
f:id:koma26:20210702204513j:image

 

 

これはどちらだろうと思いましたが、実の形からナズナですね…

f:id:koma26:20210630080325j:image