キシュウネコノメ(2018/3/24 和歌山県)

昨年にも見たキイハナネコノメをまた見に行きたいと思いましたが、事情によりその場所には行けません。それならこの地域にある別の種類、キシュウネコノメもターゲットに追加して新しい観察ポイントを探索することにしました。

 

その結果、キイハナネコノメは見つかりませんでしたが、キシュウネコノメを2株だけ見ることができました。

 

茶色と黄色のコントラストにより、視界に入ると気づきやすいと思います。この株は咲き始め、濃い赤の葯が茶色の萼から覗いています。
f:id:koma26:20180327220838j:image


 

こちらの株は、咲いてから少し時間のたったものです。雄しべがピンと伸びています。
f:id:koma26:20180327220849j:image

 

少し横から撮ってみました。
f:id:koma26:20180327220908j:image

 

よく似ているニッコウネコノメとの区別は、厳密には種子の突起の有無で判断するようですが、この時点でその判断はできません。100%ではないかもしれませんが、萼変が斜開しているので、キシュウネコノメとしておきましょう。この辺りにも、よく似ているニッコウネコノメはあるのでしょうか。

 

里にはヒメウズが沢山咲いていました。
f:id:koma26:20180327230101j:image

 

テンナンショウの仲間。まさか、ホロテンナンショウ?
f:id:koma26:20180327230114j:image

 

ノジスミレ。
f:id:koma26:20180327230124j:image

 

ムラサキケマン
f:id:koma26:20180327230143j:image

 

シハイスミレ。
f:id:koma26:20180327230155j:image

 

モチツツジ
f:id:koma26:20180327230206j:image

 

シロバナナガバノタチツボスミレ
f:id:koma26:20180402231349j:image

 

ナガバノタチツボスミレ
f:id:koma26:20180402231406j:image

 

ヒメスミレ。
f:id:koma26:20180402231422j:image

 

 

キイハナネコノメは見つかりませんでしたが、キシュウネコノメを始め、いろいろ花を見ることができました。良しとしましょう。