ネコノメソウ・チャレンジ②(2021/4)

1ヵ所目から車で移動しましたが、大失敗でした。桜の花見スポット付近の渋滞もあり、ただでさえ押し気味だったのに次の場所まで1時間以上余計にかかってしまいました。こんなことなら、ケチらず高速をつかえば良かったです。

 

ということですが、気を取り直して次の場所に向かいます。

 

こちらも、登山口から1時間くらい、途中で他の花に気を取られながら、目的地に向かいます。

 

登山口の手前には、ヒメスミレが咲いていました。

 

ヒメスミレ
f:id:koma26:20210413075804j:image

 

もっと写しやすそうなヒメスミレを探していると… 久々のアリアケスミレを見つけました。ラッキー。

 

アリアケスミレ

f:id:koma26:20210410202914j:image

 

目的のポイントまでも、色々な花が咲いていました。

 

コクランの葉

こんなところにコクランがあったのは知りませんでした。
f:id:koma26:20210413080909j:image

 

スゲの仲間

このあたりは一向に名前が覚えられない…
f:id:koma26:20210413081044j:image

 

タチツボスミレ
f:id:koma26:20210413081223j:image

 

シハイスミレ
f:id:koma26:20210413081427j:image

 

サワギキョウ
f:id:koma26:20210413081501j:image

 

タチツボスミレ

葉の根元が切型っぽいですが、ひょっとしてサンイン型タチツボスミレ
f:id:koma26:20210413081628j:image

 

チャルメルソウ
f:id:koma26:20210413082139j:image

 

細かい針のような花弁にピントを… なかなかうまく行かず、こういうので時間をロスしてしまいます。
f:id:koma26:20210413082222j:image

 

ナガバノタチツボスミレ

じゃないかもしれませんが、傾きかけた光線にピンク寄りの紫が映えますね。
f:id:koma26:20210413082345j:image

 

トウゴクサバノオ

この時間では、本日の営業は終了しているようです。
f:id:koma26:20210413082712j:image

 

ポイントに着きました。既に16時前で、あまりゆっくりしている余裕はありません。種類順に並べます。

 

まず目に入ったのは、キンシベボタンネコノメソウです。

 

キンシベボタンネコノメソウ
f:id:koma26:20210404210025j:image

 

ヒメヒダボタンに酷似していますが、萼の中にある雄しべの長さが違うとのことです。
f:id:koma26:20210413114107j:image

 


f:id:koma26:20210413131315j:image

 

次は、ボタンネコノメソウです。

 

ボタンネコノメソウ

周囲を見回しましたが、これしかなさそうです。以前はもっと見掛けたのですが、どうしたのでしょうか。
f:id:koma26:20210413114352j:image

 

そして、イワボタン。

 

イワボタン

他と比べると、葉が長いですね。雄しべの葯は黄色。
f:id:koma26:20210413114455j:image

 

数としてはイワボタンが一番沢山ありました。
f:id:koma26:20210413130641j:image

 

まとまった一団がありました。
f:id:koma26:20210413130953j:image

 

次はシロバナネコノメソウです。

 

シロバナネコノメソウ

もう終わったかと思っていましたが、意外とまだきれいです。
f:id:koma26:20210413130814j:image

 

こちらは修飾語句の付かない、ネコノメソウ。

 

ネコノメソウ

ヤマネコノメソウにも似ていますが、ちょっと葉がテカテカしていて、萼片も開かないことなどで区別できますね。
f:id:koma26:20210413131201j:image

 


f:id:koma26:20210413131432j:image

 


f:id:koma26:20210413131504j:image

 

こちらがヤマネコノメソウ。

 

ヤマネコノメソウ

ネコノメソウの方が、苞葉の黄色が強い感じですね。
f:id:koma26:20210413192851j:image

 

タネツケバナの仲間も難しいです。オオバ、オオケ、オオのどれかだと思いますが。

 

タネツケバナの仲間
f:id:koma26:20210413212132j:image

 

同じアブラナ科でも、こちらは分かります。

 

マルバコンロンソウ
f:id:koma26:20210413212327j:image

 

ふと見ると。これはメギかな?もう少しで花が咲きそうな感じです。

 

メギ?
f:id:koma26:20210413212601j:image

 

車に戻る途中の道路脇。徐々に薄暗くなってきたのでちゃんと確認できませんでしたが、これもアリアケスミレのようですね。

 

アリアケスミレ
f:id:koma26:20210413212757j:image

 

結局、ネコノメソウ・チャレンジの②としては、以下の6種を観察できました。本当はニッコウネコノメソウも入ると思っていましたが、今回は見つからずに終わりました。

 

・キンシベボタンネコノメソウ

・ボタンネコノメソウ

・イワボタン

・シロバナネコノメソウ

・ネコノメソウ

・ヤマネコノメソウ