20170415 オオヤマカタバミ他

過去の写真を見返していたときに、撮影時には知らなかった花というのが時々あります。撮影が雑だったことを後悔するのですが、その一つがオオヤマカタバミでした。

 

実際には別の場所なのですが、昨年もGWにオオヤマカタバミを探しに行き、葉っぱだけは見つけたけど空振りでした。葉っぱは見つけたので、ファールといった方がいいかもしれません。

 

GWより前に関東に帰省することはできないので半分諦めかけていたのですが、偶然にも4月中旬に関東出張が入り、これ幸いとオオヤマカタバミを探しに行ってきました。

 

今年は4月に入っても低温の日が続き降雪もあり、微妙に早すぎるかもと不安を抱えつつ歩いたのですが…

 

 チョロチョロ流れる水の音の聞こえる沢沿いの林床にて、無事に見つかりました!

 
f:id:koma26:20170416180351j:image

 

カタバミの仲間は、日照を受け続けて初めて花が開きます。早朝だと花が開いておらず、発見も難しいと考えてコース中盤以降に到着するように組んだのですが、今日の天気が良くても、木陰で日照が足りないようです。付近を見回り、全部で3株、5つの蕾が見つかりましたが、開花したものはありません。

 

午後には降雨がある予報ですが、まだ晴れています。休憩しながらしばらく待っていると… 花が開いてきました!


f:id:koma26:20170416180409j:image


f:id:koma26:20170416180505j:image

俯いて咲く性質のため撮影は困難と想像していましたが、運良く撮影しやすい条件でした。葉は展開前で確認できませんが、オオヤマカタバミのもう一つの特徴である花被片の内側の紫条がくっきり出ています。

 

暫く撮影している間、途中で近くを通り掛かった登山パーティーは3組程度、沢の水音と柔らかな日差しに癒されながら、心行くまで撮影できました。

 

それ以外の花達も紹介します。

 

 トウゴクサバノオは、沢沿いの登山道脇に点々とありました。少し時期が早かったと見えて、蕾のないものも多かったのですが、下山途中には開花した個体もありました。


f:id:koma26:20170416180614j:image

 

コガネネコノメソウも沢山ありました。萼片が直立して四角く見える鮮やかな黄色い花が登山道を彩ります。


f:id:koma26:20170416180634j:image

 

イワネコノメソウは、コガネネコノメソウと比べると地味ですが、間近で見ると、緑の萼片と赤の葯の対比が何とも言えません。ところどころに群生していました。

 
f:id:koma26:20170416180651j:image

 

カタクリを見たのは久しぶりです。陽が当たってくるんと反り返った鮮やかな赤紫色の花被片、すっと伸びた花柱が、格好良いと感じさせます。

 
f:id:koma26:20170416180712j:image

 

子供達も成長中です。


f:id:koma26:20170416180727j:image

 

ニッコウネコノメも、他より少な目ですが、ありました。


f:id:koma26:20170416180814j:image

 

ツルネコノメソウは、主に沢の流れの近くに群生していました。走出枝を出して増えていきます。


f:id:koma26:20170416180846j:image

 

花はもう少し先のようですが、フタバアオイです。


f:id:koma26:20170416204948j:image

 

小さな水滴を感じて下山を急いだところ、それを妨げるかのように、林道歩きになってからも花が見つかりました。

 

ふと林道脇に目をやると、なんとオオヤマカタバミがここにも咲いているではないですか。決して明るくない場所でしたが、花は全開、葉も半分展開です。

 
f:id:koma26:20170416204815j:image

 

山の中には全く見当たらず諦めていた、スミレもありました。ヒトツバエゾスミレです。

 
f:id:koma26:20170416204825j:image

 

一般的な、タチツボスミレです。急いで写したら、虫に喰われていますね。


f:id:koma26:20170416205126j:image

 

写したときはマルバスミレと思いましたが、これはヒカゲスミレですね。


f:id:koma26:20170416205333j:image

 

ミヤマキケマンも咲きかけの花を一つ見つけました。

 
f:id:koma26:20170416204838j:image

 

最後は、本降りの雨に打たれることなく車に戻れました。花粉症で鼻を拭きながらでしたが、山の景色と花を静かに楽しめた満足の山歩きでした。