読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20170402 キイハナネコノメ

南紀にはハナネコノメの亜種、キイハナネコノメというのが咲くことを知りました。久々の遠出ですが、場所に当たりをつけて日帰りで出撃。いろいろ?ありましたが、目的も達成して無事に帰還しました。

 

水飛沫のかかるような場所に咲くとの情報もありますが、湿った斜面にポツポツと咲いていました。


f:id:koma26:20170404074010j:image

葯が赤紫で萼片から出ていません。茎の毛も少な目で、キイハナネコノメの特徴がバッチリです。
f:id:koma26:20170404074022j:image


f:id:koma26:20170404074521j:image

今のスマホは近接撮影に弱く、これが限界。

デジカメの画像ももう少し貼り付けます。

 
f:id:koma26:20170404232439j:image


f:id:koma26:20170404232501j:image


f:id:koma26:20170404232516j:image


f:id:koma26:20170404232532j:image


f:id:koma26:20170404232551j:image

 

山の中では他の花はほとんど見ませんでしたが、途中にカンアオイの葉を見つけ、一つだけ花をつけているものがありました。


f:id:koma26:20170404074512j:image

 

カンアオイでしょうか。少し調べてみましたが、クマノジカンアオイの説明に近いように思います。付近にはアツミカンアオイと思われる葉が幾つかありましたが、それらは花を付けておらず、この株の葉は光沢なく葉脈も浅く違いそうです。

 

一息ついて、那智大社付近を散策しました。

 

他に出会った花、風景を紹介します。

 

民家に濃いピンクの桜が咲いていました。ソメイヨシノよりずいぶん小さい花です。高い木で手を伸ばして撮影。
f:id:koma26:20170404080208j:image

 

林下で陽を受けてる輝く花。葉が出ていないのに咲いているから、シロモジですかね。
f:id:koma26:20170404080304j:image

 

ご存知、三重ノ塔と那智の滝。今回は滝もここから見ただけ。
f:id:koma26:20170404080352j:image

 

那智大社の鳥居。
f:id:koma26:20170404080405j:image

 

参道の石垣にはジロボウエンゴサク。包葉が全縁であることで、ヤマエンゴサクと区別します。
f:id:koma26:20170404192407j:image

 

タネツケバナの仲間のはずですが、何でしょう?
f:id:koma26:20170404192419j:image

 

シロバナタンポポですね。
f:id:koma26:20170404192430j:image

 

柱頭が五本あるのでウシハコベ
f:id:koma26:20170404192508j:image

 

大門坂を下ります。
f:id:koma26:20170404192607j:image

 

ラッキーなことに、人がいなくて静かです。
f:id:koma26:20170404192615j:image

 

大門坂の石畳の隙間にはフモトスミレ。
f:id:koma26:20170404192917j:image

 

横にはヤマアイが。
f:id:koma26:20170404192627j:image

 

出口(入口)の夫婦杉、巨大です。
f:id:koma26:20170404192642j:image

 

山肌にポツポツと桜が。春ですねぇ。
f:id:koma26:20170404192657j:image

 

短い時間でしたが、南紀を楽しみ、帰途に就きました。熊野から大台付近で雨に遭い、亀山JCT付近で事故渋滞に巻き込まれつつ帰宅しました。